リアップの副作用が少なく安全に使える|最新育毛ガイド

症状の種類と2つの育毛剤

中年男性

原因

薄毛の種類は2つあります。1つは頭頂部から薄くなるタイプです。もう1つはおでこから薄くなるタイプです。前者の人の頭頂部をよく見てみると次のような特徴があります。それは頭皮が赤いことです。これは血行不良が起こっていることを示しています。血行が良い場合は青色か白色をしています。血行不良を起こしていると毛母細胞に栄養が届かなくて、髪を新しく生成することが難しくなります。毛周期に乱れが出てしまって薄毛になります。これは10代や20代の人に多い若ハゲに多いものです。一方、おでこから薄毛になる人は男性ホルモンの中でもテストステロンが通常よりも多いです。このテストステロンが発毛を阻害していて薄毛になります。

解決法

頭頂部の薄毛を治療する場合は血行不良に原因がありますので、それを解決する育毛剤を使用することがおすすめです。血行改善効果のあるものはトウガラシチンキが配合されている育毛剤が代表的なものになります。また、生え際の薄毛を治療するには男性ホルモンを抑制するタイプの育毛剤を使用しましょう。これはエチニルエストラジオールという成分が配合されているタイプのものです。これらの育毛剤を使用すると発毛効果を実感することができます。しかしながら、注意点もあります。それは最低でも半年以上は継続しないと効果が出ないということです。髪の毛にはサイクルがあります。つまり、髪の毛の成長には時間がかかりますので、半年は使用する必要があります。